あなたのそばに安心を。熊本地域密着の家族葬ホールはません斎場フューネリア。

文字サイズ
tel:0120-018-666

弔文について

葬儀あいさつ文-弔文についてAbout funeral address

弔辞の内容は、故人を偲んで美辞麗句を重ねるよりも、真心を込めて故人にしみじみと語りかける方が好ましいでしょう。故人の死を悼む気持ちだけでなく、遺族や親族を思いやる慰めと励ましの言葉も忘れないことが大切です。また、忌み言葉にも十分注意しましょう。

弔文の豆知識

ともらう気持ちを述べるのが弔文であり、意外と基礎知識を知らない人は多くあります。電報自体が現代のインターネットの時代には、昔のように情報を伝える手段として、利用も少なく放ってきてはいます。

しかし通夜や葬式になにかの事情があり、本人が参列をできないときには利用をするには便利なものです。本当は告別式や通夜に参列をするべきであっても、生きている人間には色々と事情が有って、参列ができなことはあります。そんな時には喪主や親戚に対して何もしないままではなく、電報を贈ることで弔意を表すという手段を取ることができます。電報は便利ではありますが、遅くなってはいけません。そのため電報は、告別式までには、出来るだけ間に合うようにすることも大事です。


電話での依頼が簡単にできますので、固定電話からでも、スマートフォンからでも、電話をかけて電報の手配をすることができます。ただ電話の場合は受付をする時間に限りがあるので、朝は8時からの受付を開始して、夜は22時までであれば受付をして電報を打つことができます。発生費用としてが文字数と、選ぶ台詞の種類などによって違いは出てきます。費用の相場を知るとしたら、およそ1,000円から3,000円程になりますので、思っているよりは高額にはなりません。


電話をかける前に、文章をあらかじめ考えておくほうがスムーズです。文例などを参考にして、言葉を一部分だけ入れ替えても利用は可能です。昔はお葬式は自宅でする家がほとんどでありましたが、現代は式場や斎場で行うケースが殆どになります。そのため開催をする式場や斎場へ、弔電は贈るように手配をするのが一般的です。

電話ではオペレーターが対応をしてくれますので、本人の名前と電話番号を伝えて、電報を発送する住所や名前を伝えましょう。プロのオペレーターが誘導をしてくれるので、順調な手配ができるものです。最近ではインターネット経由での申し込みもあるので、利用をしてもよいでしょう。

お問い合わせはこちらから

アクセス情報

お問い合わせ・資料請求

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積

24時間 365日
対応!

0120-018-666